家出人の所持品は捜査のカギに! 発見の手掛かりになるものは

 

家出人の所持品は捜査のカギに! 発見の手掛かりになるものは

家出人についてご自身で調査を行う際にも、

また警察や探偵に依頼する際にも

まずは家出人に関する情報を

収集することから始めることになります。

洗濯

とくに、家出人の居宅には

様々な所持品が残されています

その中には、家出人捜査のカギともいえる

重要な情報が残されている場合も多いのです。

失踪人の発見の手掛かりになるものとしては

具体的にどのような物が挙げられるのでしょうか。

まずは家出人の部屋に入ってみましょう

まず家出した方の居宅を調べる際に、

ご家族と同居しているのであれば

難なく室内に入ることが可能です。

家

しかし、別居している場合には

不動産管理会社や大家さんなどに連絡を入れ

鍵を借りるために事情を説明する事になります。

ご家族が保証人になっている場合

話はスムーズに、鍵を借りることができるでしょう。

もし、そうではない場合は、

戸籍抄本などやご自身の身分証明書を用いて

家族関係を証明する

相手方にも分かりやすくなります。

部屋に入ったら残されたものを一つ一つチェック!

本
家出人の家の室内に入ることができたら

まずは、所持品を一つ一つ確認します

とくに、日記・カレンダーやスケジュール帳、

パソコン・ゴミ箱・書籍・手紙などについては

捜査のカギになる可能性も高く

家出にを発見する手がかりになる場合もあります。

手帳やブログの日記

日記
日記については、手書きの手帳に書き込んでいたり

ブログなどを運営している場合もあります。

いずれの場合も、直近の生活の様子や悩み事など

失踪の手がかりになる事柄について

記載があるかもしれませんので、

過去にさかのぼり丁寧に読み解くと良いでしょう。

カレンダー・スケジュール帳

続いて、カレンダーやスケジュール帳もチェックします。

失踪について何らかの計画が

書かれている可能性があります。

ヒントとなる事柄が無いか確認しておきましょう。

パソコン・インターネットの履歴

パソコン
パソコンもしっかり確認しましょう。

パソコンについてはネットの閲覧履歴に、

逃亡先をどこにするか調べた痕跡があったり、

掲示板などに自身の悩みについて書き込んだ

痕跡が残る場合がありますので

忘れずに確認しておきます。

ゴミ箱

ゴミ箱には、家出をするにあたり

準備した痕跡が残されていることもあります。

ゴミ袋

捨てられたレシートなどを見ると

逃亡先の土地の情報を収集した書籍や

旅行社からや飛行機のチケットの写しなどが

捨てられている可能性もあります。

いずれにせよ、家出人の居宅に

残された所持品の中には

捜査のカギになり、家出人の発見の

手がかりになる品々が様々あります

あらゆる証拠品を

逃さず確認することが重要なのです。

部屋から消えたものを把握することも重要

リュック
また、その一方で部屋から消えた物、

つまり、家出人が持っていった物についても

確認することも重要になります。

部屋から消えたものを探ることで

どのような考えや意思を持ち、

家出したかについても読み解くことがも可能です。

こういった所持品は、

家出人を探す上で

とても重要なヒントになるでしょう。

⇒⇒⇒ 家出人をより早く見つける方法はこちら