特異家出人とは? 警察は家出人を探してくれないって本当?

誘拐未遂家出人の届け出があった場合

警察は、ご家族や親族からの

申し立てを受けて、家出人捜索願を受理します。

 

その際、家出人に関する情報を細かく精査して、家出人の状況に応じて大きく二つに分類します。

 

まず、失踪に外的な要因があると考えられる場合には特異家出人に、

また、家出人が自分自身の意思で失踪したと考えられる場合には一般家出人として分ける事になり、

その後の家出人探しの対応は大きく異なります

 

警察による「一般家出人」の捜索の方法

本人の意思で失踪したとされる「一般家出人」の場合、ご自身の意思で失踪しているため、

例えば命の危険があるなどの緊急性があるわけではないとみなされます。

交番

そのため、一般家出人の場合は積極的に捜索が行われることはありません。

 

これが、一般的によく聞かれる「警察が家出人を探してくれない」と

言われることにあてはまるのです。

こうした対応については、特にご家族にとっては「警察は冷たい、酷い」と

感じることもあるのでしょう。

 

しかし、現在、国内では年間におよそ8万人ほどの方が家出人として

届出が出されているのです。

 

ですので、全ての家出人を捜査してしまうと間違いなく捜査員の人員が不足します。

 

こういった面からも、緊急性のあまりない一般家出人は

警察が探してくれないことは仕方がない部分があるのかもしれませんね。

特異家出人とみなされる家出のケースは?

一方、「特異家出人」の場合は事情が大きく異なります。

 

警察

警察は、家出人を探さないどころか時間をおかず、すぐに手配を行います

ケースによっては公開捜査が行われることも

 

このように、特異家出人の家出人捜索は一般家出人の捜索方法とは180度変わったものになります。

 

ではなぜ、特異家出人は積極的な捜索が行われるのでしょうか。

 

例えば、この特異家出人にあてはまるのは、次のような場合だからです。

特異家出人に当てはまるケース

◆ 犯罪などに巻き込まれ、生命・身体・財産に危害のおそれがある

◆ 事件や事故に巻き込まれた疑いがある

◆ 自殺など自傷行為を行う恐れがある

◆ 他者に危害を加えるおそれがある

以上のように、何かしらの事件に関与している

もしくは巻き込まれている可能性が高い場合があてはまります。

警察による特異家出人の捜索方法

パトカー
この特異家出人に対して、警察は具体的にどのような捜索を行うのでしょうか。

まず特異家出人に該当する中で個々の事案で、細かく緊急度が変わります

 

必ずしも全てのケースで警察の対応が同じわけではないのですが、

まず、街中を巡回しているパトカーや手配者がいると考えられる最寄りの所轄署に

緊急連絡が入り発見に努めるよう注意を行います。

 

また手配者が車両で移動している場合、ケースによっては、Nシステムが用いられることもあります。

このNシステムとは、全国の主要道路や高速道路、県境などに設置されている

車のナンバー自動読み取り装置の事を指しています。

 

Nシステムに手配者のナンバーを登録しておくと機器の下を通過したところで

緊急手配が入る事になるという仕組みです。

 

Nシステムが反応を示すことでパトカーが駆けつけ手配者を確保、

家出人を発見することができるのです。

⇒⇒⇒ 家出人をより早く見つける方法はこちら