認知症の家出、徘徊、その行先の特徴とは?

認知症の人の家出や徘徊には、特徴があります。

その特徴とは……

 

1.まっすぐに進んで行く

2.思い出の場所やいつも行っている場所に行こうとする

3.光のあるところに向かう

4.光のあるところに滞在する

5.歩行速度は一般的に3~4km/h

 

の5つです。

 

認知症の場合ですと、どんなに寒くても上着を着ずに着の身着のままや裸足で家出してまうことがあります。

また、飲まなければいけない薬を携帯していないことも多く、生死に関わる場合もあります。

このほか、車で出掛けてしまった場合は、事故を起こす可能性もあり、家族が追うリスクが上がってしまいます。

 

認知症の人を探す場合、これらを踏まえた上で迅速に探すことが重要です。

 

 

認知症の人が行方不明になったら、あなたがすべきこととは?

1.警察に連絡する

認知症の方が家出、徘徊し、行方不明になってしまった場合は、すぐに警察に連絡するようにしましょう。

市内の防災放送やメール配信を希望している人に警察署から行方不明者のメールを配信してもらうことが出来ます。

 

2.かかりつけの病院に連絡する

かかりつけの病院に全て連絡しましょう。

認知症の方がその場所を訪れたときに、その場に留めてもらうことが可能になります。

 

3. いつも行く場所に連絡する

デイサービスなど、普段から認知症の方がお世話になっている場所に連絡を入れましょう。

認知症の方がその場所を訪れたときに、その場に留めてもらうことが可能になります。

 

4.探偵事務所に依頼する

探偵事務所では、認知症の方の徘徊による行方不明も調査してもらえます。

まずは、無料相談や問い合わせをし、費用や調査方法、また依頼者が何をしなければならないかなどを確認し、依頼しましょう。

 

5.厚生労働省による「身元不明の認知症高齢者等に関する特設サイト」を確認する

厚生労働省の「身元不明の認知症高齢者等に関する特設サイト」には、各都道府県別に保護された身元不明の認知症高齢者の特徴や保護された日や場所などが掲載されています。

認知症の人が行方不明になったときは、保護されている可能性もあるので、「身元不明の認知症高齢者等に関する特設サイト」を確認するのも有効であると言えるでしょう。

厚生労働省の「身元不明の認知症高齢者等に関する特設サイト」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000052978.html

 

認知症の人が行方不明になったら、何を用意して探すといい?

各所に回る際、あると良いものが、認知症の方の写真の入ったビラです。

その際、

 

  • 本人の最近の写真
  • 徘徊してしまった日の服装
  • 徘徊してしまった日時
  • どの程度の認知症か
  • 本人が自分の名前がわかる・わからない
  • 見つかったときの連絡先

 

を記載します。

近所のコンビニや病院などにそれらを貼ってもらうようにしましょう。

 

認知症の人が行方不明になると、どんなことが起こり得るの?

認知症の方が徘徊してしまうと、見つからなかった場合、飢えや凍死などの最悪の事態を引き起こしてしまうことがあります。認知症の度合いにもよりますが、どのように対処して良いかがわからないからです。

 

認知症の人の行方不明を防止するためには?

認知症の方の徘徊による行方不明は、未然に防ぐことが大切です。

 

このときに有効なのが、

 

玄関に人感センサーを設置する

 

ことです。

玄関から出るのがわかるため、防止しやすくなります。

徘徊予防策を講じることが認知症の方の徘徊を防止することにつながるのです。

 

認知症の人の徘徊してしまったときに見つけやすくする方法とは?

認知症の人が徘徊してしまっても、事前の準備により、見つけやすくすることが出来ます。

その方法とは……

 

1.GPS付スマホを持たせる

2.GPS付シューズを履かせる

3.ココセコムやまもるっくなどのGPS付携帯通報端末を利用する

4.近所の人やお店に事情を説明しておく

5.市が行っている高齢者の発見・保護システム(徘徊高齢者等事前登録制度など)に登録する

 

の5つです。

GPS機能の付いたグッズはシューズから携帯端末まで、さまざまなものがあります。

これらを上手く使いながら、市が行っている徘徊の恐れがある高齢者等の発見・保護システムに利用者登録することが大切です。

万が一、徘徊してしまい、行方不明となった場合でも、GPS機能で居場所がわかったり、利用者登録することで協力者であるサポーター等に情報をメール配信し、高齢者の発見・保護に協力してもらったりすることが可能となります。

http://www.city.kasugai.lg.jp/shimin/fukushi/kaigo/1001992.html

http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/koureitaisaku/ninntisyoutouniyoru.html