高校生・未成年の家出 どんな場所で見つかる?家出人の心理は


高校生・未成年の家出 どんな場所で見つかる?家出人の心理は





女子高生

国内の家出人のうち



未成年や高校生の方が



家出をする割合については



警察庁の統計で発表されています。







平成21年度では、未成年・高校生の家出は



18579人で全体の22.8%
を占めています。







実は、未成年・高校生の家出は



他の年代の中でも、



もっとも割合が多い
のです。











小さな頃に家を出た経験がある方も非常に多く、



青春時代には誰もが



通る道とも言えるのかもしれませんが…。







では、未成年・高校生の家出は



どんな場所で見つかることが多いのでしょうか。










未成年・高校生の家出は友人の家で見つかることがほとんど





未成年・高校生の家出の特徴として



金銭的な余裕があるわけではない




ことが挙げられます。







また、若年層になりますので



単独で宿泊施設を利用することができません







そのため、この世代の家出人が



見つかる場所としては



友人の家がもっとも多く
なります。









友達の家


同級生であれば宿泊を頼みやすく、



また相手方の親御さんが



夜間にお勤めの場合は



特に咎められたり実家に通報されることも無く



何泊もすることができるのです。







友人の家ならお金もいりませんし、



未成年・高校生の家出人が



身を隠す場所としては最適
になります。











また、後輩の家に泊まるケースは少ない反面、



先輩の家に泊まる

ケースは多いのも特徴です。







年上の人間との付き合いでは



危険な事に巻き込まれることも
多くなりますので、



未成年・高校生の家出人が



どこにいるかを早期に確認し、



問題が生じる前に連れ戻す必要があるでしょう。











さらに、割合としては



それほど多いわけではないのですが、



とくに女子の場合は、援助交際など



より大きな危険をはらむ
事に



手を染める場合もあります。







援助交際とは一口で言えば売春です。







家出をしたお子さんからすれば、



その日に泊まるところを確保し



食事を提供してもらえると



共にお金まで受け取る事ができますので



メリットと感じることもあるようです。











その代償はあまりに大きくなりますので



家出人を一刻も早くそうした



生活から抜け出させる必要があります。





  >>高校生・未成年の家出を解決した事例はこちらで紹介しています










未成年・高校生の家出の原因






未成年や高校生はまさに思春期真っ只中。



心の中では様々な悩みや葛藤があることは



容易に分かるのですが、



どのような心理で家を出るのでしょうか。









悩む女性


まず、未成年の家出の

原因で多いのは



家族関係です。







親子間の意見の相違や



親からの叱責を嫌がる



思春期特有の心理が挙げられます。











親子間の不和は、以前より多くあったこと。



しかし、一方で、近年では



表情には出さないものの、



親が大好きな未成年や高校生も



多く存在しているのです。







そういった関係を壊さないためにも



周囲の家族で見習うべきことがあれば



ご自身の家庭にも取り入れておくのも



家出予防の対策になるでしょう。









スカートを触ろうとする手


また家や家族に問題を抱えていない場合でも、



持ち前の好奇心の強さから



夜の遊びに興じてみたり



スリリングな男女関係を求めたりする



未成年・高校生ならではの心理も




多く見受けられます。











ただ当然ながら、夜の世界には危険な誘惑も多く、



お子さんが嵌る前に取り戻さなければなりません。











いずれにしても、



未成年・高校生の家出は



多くのトラブルに



巻き込まれる可能性も
あります。







早めに対策をするのが賢明でしょう。










⇒⇒⇒ 家出人をより早く見つける方法はこちら